- 暇つぶし情報サイト
VIPなど2chまとめを中心に面白ネタから事件物など掲載していきます。

俺が山で変な奴を見た話する
2014/07/09

俺が山で変な奴を見た話する

1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:21:49 ID:HlPaH7Vtr
需要ある?
PR
2: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:22:23 ID:Eoe8egHU9
鏡を山に不法投棄するなんて最低だな

5: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:22:49 ID:HlPaH7Vtr
>>2ちげぇよwwwブサイクだけど

7: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:24:04 ID:HlPaH7Vtr
じゃあ書くよ?

8: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:24:29 ID:HlPaH7Vtr
俺がその体験をしたのは、小学校6年生の時の春休みだった。

小学校卒業で浮かれてた俺達は、仲のいいグループで集まって遊ぼうぜ!ってなったんだよ。

んで遊ぶ場所なんだが、近所の山に探検に行くことにしたんだ。そこの山の奥には綺麗な川があってよくそこで遊んでたんだ。その川の上流をひたすら進もうって事になった。

9: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:24:40 ID:Eoe8egHU9
書かなくて大丈夫だよ

11: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:24:58 ID:HlPaH7Vtr
俺がその体験をしたのは、小学校6年生の時の春休みだった。

小学校卒業で浮かれてた俺達は、仲のいいグループで集まって遊ぼうぜ!ってなったんだよ。

んで遊ぶ場所なんだが、近所の山に探検に行くことにしたんだ。そこの山の奥には綺麗な川があってよくそこで遊んでたんだ。その川の上流をひたすら進もうって事になった。

13: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:25:17 ID:HlPaH7Vtr
この時はすごく楽しかったのを覚えてる。
それでその探検には俺を含めて5人で行く事になったんだ。もちろん全員男だ。
一応全員のスペック

俺 メガネチビ生き物大好き
あだ名はチュン

みっちー キレると怖い

よっしー 空手をやっているエアガン大好き

川ちん 頭がいいミリオタ

いけれん クラスの人気者モテ男

りんちゃん 中二病
(俺以外全員当時のあだ名)

14: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:25:27 ID:33aVjhTQv
ってかイチイチ了解取らずにさっさと書けや(お願いしまぁす)

15: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:25:48 ID:HlPaH7Vtr
のメンバーで行く事になったんだ。予定としては、朝の9時に俺の家に集合して俺の家で朝食をとったら3時半まで探索という予定だった。

持ち物は、水筒、弁当、武器(エアガンとかその程度)スケッチブック、筆記用具、デジカメなどでいいだろうと言う事になった。

予定を決めたあとはUMA図鑑などを見ながら盛り上がったのを覚えてる。
でまぁ待ちに待った当日。みんな俺の家に集まり朝食を食って準備してた。

17: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:26:11 ID:HlPaH7Vtr

よっしーは馬鹿でかいエアガンを持って来てた。
東京マルイのなんとかかんとかと自慢して来たのを覚えてる。正直どうでもよかった。

りんちゃんはちょっと大きめの肥後の守?を持って来てた。
みっちーは確か普通のエアガンだったと思う。
川ちんの武器は覚えてない。
俺は、フィシュングナイフを持って行く事にした。
いけれんは、模造刀を持ってやがった。模造刀と言っても小さかったけど、俺達はテンションが上がって暫く模造刀の話しかしてなかった。

19: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:26:30 ID:HlPaH7Vtr

りんちゃんに至ってはお年玉で大刀と脇差の模造刀を買う!と言ってきた。
ちなみにりんちゃんは、当時小学校六年にして厨ニ病を発症してて、人格が、どうのこうのとか、家に伝わる拳法がーとか言うような野郎だったので結構苦手だった。

話から逸れたが、まぁとにかく山に行く事にしたんだ。こっからは、会話を思い出して適当に書いてく。覚えてない所は省く

20: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:26:50 ID:HlPaH7Vtr

俺「探検とか超楽しみwwww」

み「まぁどうせなんもないけどな。」

俺「お前マジK?Yだな」

よ「チュンお前ビビって漏らす だろ?www」

い「ありえるわwww」

俺「ねぇよwww」

り「まぁ確かになんかあるとは思わんがな。」

川「ところでみっちーのエアガンはなに?」

み「名前とか知らんわ。」

みたいな会話をしながら山の中を進んでいったのよ。んで話をしてるうちに、山の中の川に着いたわけよ。

21: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:27:14 ID:HlPaH7Vtr
い「お、川着いた!本当にあるんだー!」

俺「だろ?」

い「嘘だと思ってたわwww」

ちなみにいけれんは、川に来るのは初めて他のメンバーは、何回か来てる。ここ魚結構いるだぜーなんて話しながら、川を登って行った。

22: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:27:38 ID:HlPaH7Vtr
川「蛇とかいるんじゃない…?」

俺「いるだろうなー水辺の近くに多いし、ばあちゃんの家の近くの田んぼとかすげぇいっぱいマムシとかいるんだぜ!」

い「それヤバくねwww噛まれたら病院じゃんww」

り「殺せばいい」

俺「殺しはしなかったけど捕まえた事あるぜー!」

よ「お前が?嘘だろwww」

俺「マジだって!うちの父ちゃんに聞いてみ?」

み「お前それどうしたの?」

俺「逃がした」

川「キャッチ&リリースかよ食えよ。」

俺「いや怖ぇよwww」

よ「踏めばよかったのにwww」

俺「噛まれるしwww死ぬww」

23: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:28:03 ID:HlPaH7Vtr
その時に一番最後尾にいる りんちゃんから叫び声が聞こえた

り「うげぇーーーーっっ!!!」←本当にこんな叫び声

い「どうした!?りんちゃん?wwwwww」

蛇がいた。りんちゃんの足元に蛇がいた。俺達は爆笑した。


み「ナイスタイミングwww」



よ「おいwww踏んだ?ww踏んだ?ww」



俺「拳法使いが蛇でビビるなよwwwwww」



り「違う!こいつぁはただの蛇じゃない!」

24: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:28:25 ID:HlPaH7Vtr
川「どんな蛇だよ」



り「ハブだ!絶対にハブだ!」



俺「マジかwwwお前wwハブがどこにいるか知ってるのかよww」



り「そのくらい知ってるわ!山の中だよ!!!!そんな事より早くこいつなんとかしろよ!!!!!」



りんちゃんはなんか知らんが焦ってた。ちなみに俺の住んでる所は日本本土である。決して離島なんかじゃない。

26: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:28:55 ID:HlPaH7Vtr
俺「あのなwwwハブは、沖縄とか奄美大島とかにしかいないんだよwwwwwww分かったか?www知ったかww」



い「恥ずっ!www」



り「じゃあこの蛇はなんなんだよぉぉぉぉ!!!!!」


俺「ちょっと見してみ」



り「嘘だったら投げるからな!!!」←そんな事こいつに出来ない


俺「ちょwwwシマヘビじゃねぇかwwwwマムシとかヤマカガシだったらちょっとヤベェかもだけど、こいつは毒すらねぇよwwwwwwww」



み「マジで知ったかかよwwwwwwwwwアホじゃね?wwしっかりしろよ拳法使いwwww」



り「チッうるせぇ黙れ!!」



い「黙れ小僧!!wwwww」



よ「もののけ姫の犬じゃんww」



川「モロだろ」

27: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:29:14 ID:HlPaH7Vtr

みたいな感じで時々なにかしらの面白い事が起こりながら川を登って行った。蛇の件は一番印象に残ってたので書きました。

川を進みながらでっかい蟹を発見したり手長海老を捕まえたり
かっこいい流木など川を登って行く時には色々ありました。

段々川幅が狭くなってこれ以上川を遡るのは難しくなったんだ。んでどうしょうか、ここで引き返すか、それともまだ探検を続けるか、ってなったんだ。

29: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:30:40 ID:HlPaH7Vtr

み「どうする?帰る?」

俺「はぁ?帰ってどうすんの?せっかく色々準備したのに」

い「俺も帰りたくない、今日はどうせ引き返すなら山で遊ぼうよ!」



り「俺は帰る!これ以上いても時間の無駄だ。俺は非効率的な事はしたくない。」



よ「蛇にビビってた奴がよく言えるなwwwwwwwうげぇーー!ってwwww」

30: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:31:07 ID:HlPaH7Vtr
川「トラウマを蘇らせたら可哀想だろ」



い「で、どうするよ?」




み「んー山の頂上行くとか?」




俺「いいじゃん!それ!賛成」




い「エアガン持ってるから山の中でサバゲーしようぜ!」




川「全員エアガン持って来てたら賛成」

32: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:31:28 ID:HlPaH7Vtr
り「俺は素手で十分だね」




み「は?お前が?wwww」



よ「めんどいし、山の頂上目指すでよくね?」


まぁそんなこんなで山の頂上を目指すに決定したわけよ。ちなみにりんは、みっちーにエアガンで撃たれてた。笑った

予定を山の頂上を目指すに変わった俺達は一旦引き返し、山を登りはじめた

33: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:31:54 ID:HlPaH7Vtr
山を登りはじめた俺達は、動物の糞などに騒ぎながら山を登っていった。途中りんの野郎がウザかったが、無事山の頂上に辿りついた。

り「お、着いたぞ」


俺「よっしゃぁぁ!!」


み「俺らこの山制覇したなwww」



よ「お前はイノシシと戦ってこいよwww」


川「なんか達成感あるねー」

34: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:32:21 ID:HlPaH7Vtr
い「弁当食おうぜ」


俺「あ、シート忘れた」


み「貸さないぞ」


よ「貸さんよ」


り「俺も持って来てないから貸せない」


川「ごめん1人分のスペースしかないから…」


い「無駄にデカイやつ持ってきたから一緒に食おうぜ!」


泣いた

35: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:32:38 ID:HlPaH7Vtr
その後は、いけれんと、一緒のシートで弁当食った。ちょっとだけ涙が出た。みんな弁当も食い終わって、写真とか撮ったりして遊んだ、けれども夕方にそろそろなるから、下山しようという事になったんだ。

んで帰る準備でみんな、シート畳んだりしてる時にりんちゃんが、動物の鳴き声を聞いた!などと言っていた。その時は聞き流していたが、あとからそれが本当だったと知る。

36: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:32:59 ID:HlPaH7Vtr
り「おい!今さ動物の鳴き声したよな!」



俺「いや俺は聞こえなかったぞ」


よ「俺も」



み「嘘?したか?鳴き声とか」



い「したようなしてないような…分からんわwwww」



川「それが本当ならなんの動物だろ?」

37: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:33:12 ID:UwsgvVxTm
いいやつや…

38: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:33:20 ID:HlPaH7Vtr
よ「熊とかだったらやばくね?」



俺「九州に熊はいねぇよ。それより子連れのイノシシとかの方がヤバい。だけどイノシシはあんまり鳴かないって聞くし…
りん、どんな鳴き声だった?」



り「キャアキャアって感じだったぞ。最初は子供でもいるのかと思った。」



み「で、漏らしたと」

39: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:33:41 ID:HlPaH7Vtr
俺「猿かも知れないな…あいつらの腕力は強いし襲われたらヤバいかも…会っても目を合わせるなよ。うちの父ちゃんが、高崎山で猿睨んでたら追いかけられたって言ってた。」



い「早めに山を降りよう」




川「だね。さっさと降りよう」



そんなこんなで早く山を下りる事にしたんだ。俺達は、結構早めに山を下りてたんだ。
そして俺もその動物の鳴き声を聞いたんだ…今思い出しても気持ち悪い

40: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:33:58 ID:HlPaH7Vtr
り「あっ!今鳴き声した!!」



い「俺も聞こえた!!きゃーキャーキャーって言ってた!!」



み「えっ!マジで俺分かんなかったわーーー」



俺「聞いた!聞いた!鳥かと思ったけど動物っぽかったわ!」



り「だろ!?」





よ「うん。確かにそれっぽい鳴き声した!!!」

41: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:34:20 ID:HlPaH7Vtr
川「おい!!今あそこになんかいなかったか!!??」



み「UMAか!!」



よ「ビックフット!!」




り「いるわけねぇだろ。」



川「木の間をすごい速さで動いてた!」



いけ「あ!!!!あそこ!!あそこ!!!あの木のツタの上にいる!!!!」



この時に俺も黒い猿らしき影をみた。あの時にさっさと逃げとけばよかった。本当に後悔してる。

42: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:34:38 ID:HlPaH7Vtr
俺「俺も見えた!!!いたいたいた!!!!」



よ「どこ?どこ?どこ?!?!?」



み「あれ?!あれだよな!?!?」


とにかくあの時俺達は、混乱してた。明らかにその猿がおかしかったからだ。もの凄い速さで木の間を移動してくるんだよ。

いつの間にか違う木にいる!って騒いでた。そして、俺が持って来たデジカメで動画を撮る事にしたんだ。

43: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:34:58 ID:HlPaH7Vtr
い「おいチュン!カメラ!カメラ!」



俺「え、あ、うん!」


俺「おい!いけれん!!早くて撮れねぇよ!!!どうすんだよ!!!」



み「ムービー!動画!動画だったら撮れるだろ!!!」



俺「分かった!動画撮る!!」



俺が動画を回し始めた時に、その猿の動きが止まったんだ。
なぜ動きが止まったのかは分からないが、猿は木から下りて止まったんだ。

44: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:35:21 ID:HlPaH7Vtr
川「下りた!木から下りたぞ!!チャンスだ!!」



み「あぁ本当にUMAかもな…」


よ「………」←無言でライフルに弾を詰めている(もちろんエアガン)



俺「撮れたけど、遠いよ!!
このデジカメ、ムービーの時にズーム出来ないんだよ!!」



り「今なら動きが止まっている!!写真に切り変えろ!!!早くしろーー!!!」

45: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:35:46 ID:HlPaH7Vtr
俺「分かったよぉぉぉ!!!」


この時に本当にカメラに切り変えなければよかった。俺はカメラに切り替えて、そいつにピントを合わせてズームしたんだ。

その時に見た

恐ろしい物を

そいつは、変な猿だったんだ。
顔の周りは血だらけで、普通のニホンザルよりちょっと大きくて、目の下に変な模様があった。もののけ姫のサンのような、カオナシのようなあの変な模様だ。

俺はそいつと目があった。なぜかは分からないが、目が合った瞬間に、今まで体験した事のないような怖さを感じた。

46: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:36:04 ID:HlPaH7Vtr
あれより恐ろしいと思った物はない。俺は逃げた。そこからは、記憶がちょっと曖昧なんだが、周りの奴の話によると、
「逃げろぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーっっっっ!!!!!!!!」と物凄い大声で叫んだそうだ。
ちなみにこの時にデジカメを落としたらしい。

りんちゃんも、目は合ってはいないが俺が見たのと同じ物を見たらしい。俺ほどではないと思うがとてつもない恐怖を味わったと言っていた。


その後の記憶は、山の中を必死で走る記憶だった。

そして山から出た瞬間に俺は気絶した。

47: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:36:27 ID:HlPaH7Vtr
俺は気絶したまま、みんなに家に運ばれた。
そして、目が覚めた時も恐怖で、言ってる事が曖昧だったらしい。

しばらくして俺の父親が
俺が気を失ったと聞いて家に帰ってきた。父親は俺から詳しい話を聞こうとした。

そしてなにを勘違いしたのか俺が首吊りの死体を見たと思ったらしい。なぜそんな勘違いをしたのかは分からない。


そして俺の父親は警察を呼んだんだ。俺の友達達もなぜか止めなかったらしい(母親談)
俺はその間も泣きながら混乱してたらしい。


で、警察が来た。警察は俺が落ち着くまで待ってくれた。その間は俺の友達に話を聞いてた。
父親はここで勘違いに気づいたとか

48: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:36:46 ID:HlPaH7Vtr
んで俺も落ち着いて、事情を話した。鳴き声の事や物凄い動きで動く猿、その猿を動画で撮影した事、その後に猿と目が合った事、すべて話した。


警察は、動物園から動物が逃げ出した情報もないので、誰かが、飼ってたのが逃げたのかも知れないと言うことで、俺達にその場所の案内をしてくれと言った。


俺とりんちゃんは怖くて行きたくなかったので、みっちーが案内した。みっちーはパトカーに乗った!って騒いでた。


この後は警察は、俺らが猿を見た場所を調べたと、猿のいた場所にはニホンザルの死体があったらしい。皮だけの状態でまだ新しかったとか

50: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:37:06 ID:HlPaH7Vtr
デジカメは回収して貰った。動画はもう見たくないのでメモリは警察の人に預けた。


しばらくして、俺がスマホを買って貰って、猿の事について調べたが、
ヒサルキや被猿と言うのと猿の皮の事については似てるなーと思った。


あと俺はうしおととらと言う漫画が好きで、その漫画に出てくるなまはげの妖怪たまも似てるなーと思いました。まぁ似てると思っただけなんですが


俺の話はこれで終わりです。厨房でクソみたいな文章でしたが読んでくれた方ありがとうございます。山に行く時は猿に気をつけて下さいね。

51: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:37:24 ID:HlPaH7Vtr
終わりチャンチャン♪

53: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:38:41 ID:HlPaH7Vtr
>>52えっ?

54: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:39:45 ID:qeAeQg1LP
うーむ
さくさく話が進んで良かったわ
デジカメの映像はどうなったん?

55: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:40:17 ID:HlPaH7Vtr
>>54警察がまだ持ってると思う。

56: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:41:34 ID:HlPaH7Vtr
ちなみに山は今でも好きだけど、猿を見た山には一度も言ってない

57: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:41:58 ID:6768BVLxU
その警察は…

58: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:42:38 ID:HlPaH7Vtr
>>57ゴクリ…!

59: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:43:15 ID:UwsgvVxTm
猿 の 惑 星

60: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:44:10 ID:HlPaH7Vtr
>>59あれ以来カオナシ恐怖症になってしまった。ずっと見てると頭がクラクラして熱が出る

63: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:49:29 ID:rTv3t79bC
>>1は当時から博識だったんだね

66: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:50:43 ID:HlPaH7Vtr
>>63動物大好き、いまも

65: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:50:38 ID:UD783VYQI
>>1乙!
感動したよ
また泣ける話書いてくれ

68: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)23:51:39 ID:HlPaH7Vtr
>>65どこに泣ける要素あった?wwww

↓ランキング投票、ご協力お願いします↓
人気ブログランキング 面白い


コメントはまだありません。

記事へコメントする

お名前:
コメント:
画像の文字を入力:NoSpam
投稿内容確認: